読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Onoty3D

Unityに関するメモとか

指定色を残すイメージエフェクト

以前クロマキーシェーダーを作成しましたが、同じような理屈で指定色だけを残すエフェクトを作れるな、と思ったので作ってみました。
名前をどうしようかな、と思ったのですが、単純に「One Point Color Effect」としました。
One Point Color Effect

UnityPackageを任意のプロジェクトにインポートしたら、Onoty3D/Scriptsフォルダ内のOnePointColorEffectスクリプトをカメラに適用してください。
また、Materialは自動セットされないので、手動でOnoty3D/Materialsフォルダ内のOnePointColorEffectマテリアルを先のスクリプトのMaterialパラメータにセットしてください。
こんな感じ↓

f:id:onoty3d:20160515205049p:plain

パラメータはこんな感じ

Target Color:残したい色

Near:Target ColorのHue値(0~1)の近似範囲。例えばHueが0.5でNearに0.1を指定した場合は、Hueが0.4~0.6の色を残します。

適用すると、こんな感じの絵が作れます。

f:id:onoty3d:20160515205250p:plain

最初は適用のチェックを外しておいて、カラーピッカーで色を選んでから適用させると色が指定しやすいかと思います。

f:id:onoty3d:20160515205311g:plain