Onoty3D

Unityに関するメモとか

プロ生ちゃんのMeshを切り分ける

プロ生ちゃん Advent Calendar 2015 9日目の記事です。
qiita.com

以前、Unity5のClothを使って、プロ生ちゃんのスカートをClothシミュレーションする記事を書きました。
onoty3d.hatenablog.com
onoty3d.hatenablog.com

また、Twitter上でプロ生ちゃんが服だけ残してドロンと消える、なんてネタもやりました。

Clothデータの作成は、Meshがはじめからパーツ単位で分かれているモデル(ユニティちゃん等)では楽ですが、プロ生ちゃんモデルはMeshが一つになっているので、別途パーツ単位でMeshを切り分ける必要があります。
プロ生ちゃんに関してはBlender、FBX、PMXデータが公開されているので、3Dモデルが編集できるツールを使えば、切り分けは可能かと思います。
PMXデータからMeshを切り分ける方法は、以下記事で紹介しました。
onoty3d.hatenablog.com

毎度外部ツールを使うのも面倒なので、今回Unityエディタ上でSubMesh単位でMeshが出力できるスクリプトを作成しました(ソースは最後)。
プロ生ちゃん以外にもSkinnedMeshRendererないしMeshFilterを持つオブジェクトから、SubMeshを切り分けできます。
(Meshの任意の部分を切り分けるのではなく、SubMesh単位で切り分けするだけです。)

使い方
1.スクリプトをEditorフォルダ配下に配置すると、UnityエディタのメニューにCustomが増えます。
2.シーン上にプロ生ちゃんモデルを配置して、Hierarchyビューでプロ生ちゃんを選択し、メニューから
Custom>Export>ExportSubMesh(from SkinnedMeshRenderer)を選ぶと、Mesh単位でMeshが出力されます。
f:id:onoty3d:20151208111536p:plain
※複数のオブジェクトを選択していた場合でも、最初のオブジェクのみ処理の対象とします。
※対象オブジェクトに複数のSkinnedMeshRenderer/MeshFilterが適用されている場合でも、最初に見つかったそれからのみSubMeshの切り分けをします。
※出力フォルダは、Assets配下の「選択オブジェクト名+SubSubMeshes」となります。またファイル名は「submesh+連番」となります。
f:id:onoty3d:20151208111548p:plain
これでClothシミュレーションがお手軽になるかと思います。
※高ポリゴンモデルのサブメッシュを分割しようとした場合、マシンスペックにもよると思いますが、非常に時間がかかります。ご注意ください。
プロ生ちゃんモデルでも自分のPCでは10秒ほどかかります。

Clothシミュレーションは、以下記事がとても丁寧で参考になります。
blogs.unity3d.com


以下ソース
【追記:2015/12/13】動いているのかわかりづらいので、プログレスバーの表示を追加しました。
f:id:onoty3d:20151213112429p:plain